株取引だってスマホから!おすすめ株アプリ

いつでもどこでも、株の取引や情報収集ができる「株アプリ」。

モバイルで売買はもちろん、外出先でもリアルタイムでチャート確認や株価チェックができる優れものです。情報のスピードも大事な株取引とスマホアプリって、相性がいいのです。

その中でも、楽天証券・SBI証券・松井証券・マネックス証券などのネット証券会社がリリースしている株アプリは手軽で便利です。眺めるだけでも勉強になるので、これから株を始める方にもおすすめです!

株アプリってどんなアプリ?何ができるの?

株アプリとは、その名の通り株取引を行うためのアプリです。従来はパソコンで行っている方が多かったと思いますが、最近はスマホでも簡単に取引ができるようになりました。スマホなので外出先でも売買することができ、チャンスを逃すことなくスムーズに取引を行えるのが魅力です。

*一部の情報だけは見れる場合もありますが、株アプリを使って取引をするには、当然ながら、その証券会社に口座を持つことが必要です。

おすすめ株アプリ①iSPEED(Rakuten Securities, Inc.)

情報収集のしやすさで探しているなら、楽天証券のアプリ「iSPEED」がぴったりです。

「My Page」という、市況やニュース、気になる銘柄の株価、チャートなど、自分の気になるコンテンツを自由に組み合わせて画面を構成できる機能はとても便利。自分だけの投資ページが作れます。投資情報が充実しており、注文の手軽さや便利なチャート分析が魅力のアプリです。

おすすめ株アプリ②株 アプリ(SBI証券)

SBI証券の国内株式取引アプリ「HYPER」が、その名も「株アプリ」となってグレードアップされました。銘柄登録数はなんと、10,000件。その登録銘柄数の多さや銘柄検索のしやすさはそのままに、さらに使いやすくなっています。

1銘柄につき4つのチャートが表示可能で、他の銘柄と株価指数を同じチャートに重ねて表示することもできます。また、値動きの状況が一目でわかる「チャートボード」と「株価ボード」といった追加機能も嬉しいですね。

おすすめ株アプリ③株walk(大和証券)

豊富なマーケット情報と優れた操作性

大和証券による豊富なマーケット情報が得られるのが特徴の「株Walk」。国内外の指標や為替、各種最新ニュース、個別銘柄の詳細情報などが手軽に確認可能です。また、指標や為替は、表示設定も細かく変えてカスタマイズ表示することもできます。最大100銘柄まで登録可能で、オンライントレードと自動リンクできるので、いちいちPC、で登録しなおす必要がないのも便利です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*