日本人資産家ランキング

日本で最も裕福な人々、通称「”Japan’s Richest 2019”」は、Cointap が毎年発表している日本の億万長者のリストである。Forbes’ World’s Billionaires List]]と似ているが、日本国籍または居住権を持つ個人の億万長者に焦点を当てている。このランキングでは、株価と現在の保有資産の交換を使用しており、時価が純資産額よりも著しく高い長年のリーダーを優先しています。

1. 柳井正(ビリオネア/小売業) – 162億ドル(第1位

柳井正氏(株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長)は、3年連続で第1位。ファーストリテイリングの社長に就任また、東京大学 への大口寄付や、2015年に2億ドルを寄付してハワイ大学マノア校に「柳井正基金」を設立するなど、フィランソロピー活動でも知られています。

2. 堤義明(ビリオネア/鉄道)・・・116億ドル(第2位

堤義明氏(西武ホールディングス社長)は、日本の不動産事業や鉄道インフラの建設・運営を行っており、4年連続で第2位となった。

3. 毒島邦夫(ビリオネア/ゲーム) – 100億ドル(第3位

毒島邦夫(発見2001年より株式会社セガ・ホールディングス名誉取締役、プロ野球球団[[オリックス・バファローズ]]社長、読売ジャイアンツ・オーナーを務める。

4. 三浦邦輝(哲夫)(ビリオネア/産業人) – 92億ドル(第4位

三浦邦輝(哲夫)氏(株式会社グールプ会長)は、日本のお金持ちランキングで、糸山英太郎、竹中平蔵、山口信三 に次いで4番目に古い人物です。彼は、1969年に建設プロジェクト用の棒鋼を価格で販売するために設立された同社の約7%の株式を保有しています。

5. 滝崎武光(億万長者/楽器メーカー)・・・80億ドル(第7位

滝崎武光氏は、自身が経営する[[キーエンス株式会社]]の業績不振に加え、金利変動や為替など様々なリスクに晒されていたグループが保有する資産の価値が低下したことで多額の損失を計上したため、日本の富裕層ランキングから久々に7位となりました。2019年2月には、3年以内に株式会社キーエンスへの出資比率を20%以下にすることを発表したが、これにより持株会社である株式会社タケミーを通じて利益を得ることができる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*